よくあるご質問

Q1.混雑時には整理券を発行すると聞きましたが、整理券がなければ、姫路城に入ることはできないのですか?

A1. 大天守にはお入りいただけませんが、西の丸や備前丸など、大天守以外はご見学いただけます。

Q2.大天守の見学を希望しない場合は列に並ばなくてもよいのですか?

A2. 大天守の見学を希望されない方については、別の改札口から入城いただく予定としています。ただし、混雑状況により待ち時間が発生する場合があります。

Q3.入城料が必要ない者も整理券をもらう必要がありますか?

A3. 大天守にお入りいただくには、小さなお子様を含め、年齢を問わず整理券が必要です。

Q4.整理券は時間指定ですか?

A4. 時間指定はしておりませんので、姫路城以外を先に観光・散策いただくことができます。
なお、通常期は午後4時、夏期(4/27~8/31)は午後5時までに入城口にお越しください。

Q5.整理券があれば大天守には待ち時間なしで入れますか?

A5. 整理券は、待ち時間なしで大天守にお入りいただけることを確約するものではありません。大天守内においても混雑のため待ち時間の発生が予想されますので、予めご了承ください。

Q6.整理券の配付方法について教えてください。

A6. 開城前は、入城待ち列でお待ちの大天守登閣希望者に、開城の15分~10分前に先頭から順にお一人一枚ずつお配りします。
開城後は、入城待ち列に並ばれる前に入城待ち列の最後尾付近でお一人一枚ずつお配りしますので、受け取られた方から入城待ち列にお並びください。

Q7.整理券は先着何名までもらえますか?

A7. 1日15,000枚配付予定です。先着順で配付し、なくなり次第終了となります。

Q8.どうして登閣者数を制限するのですか?

A8. 天守への登閣者の安全確保を第一に、文化財の保護と、登閣者にある程度余裕を持って見学していただくためです。また、万が一、天守内で急病人やけが人が発生した際を想定し、動線を確保しておく必要もあります。

Q9.整理券の配付は何時からですか?

A9. 通常午前9時からですが、安全対策上、最大1時間開城を繰り上げ(アーリーオープン)、混雑状況に応じて配付時間を前倒しする場合があります。

  いずれの場合も開城時間の15分~10分前に大天守登閣入城待ちの方にお配りします。

Q10.アーリーオープンとは?

A10. 通常9時開城ですが、大変多くの来城者が予想されることから、次の日程で開城時間を繰り上げます。
午前8時30分開城
H29.4.1~9
H29.4.29~5.7
H29.8.11~16
H29.9.16~18
H29.10.7~9
H29.11.3~5

Q11.何時頃並べば整理券を確実に手に入れることができますか?

A11. はっきりしたことはわかりませんが、午前中にお並びいただいた方にはお渡しできるのではないかと思います。

Q12.整理券は翌日以降も使えますか?

A12. いいえ。配付日のみ有効です。

Q13.整理券発行日の入城までの流れを教えてください。

A13. 大天守への登閣を希望される方は、「大天守登閣整理券」を取得して入城待ち列にお並びください。順番がきましたら係の者が誘導しますので、入城券を購入し改札口から入城してください。
※整理券配付実施日はQ20でご確認ください。

Q14.代表者(添乗員)がツアー等参加人数分の整理券を受け取ることは可能ですか?

A14. 可能です。 限られた時間で多くの方に確実に登閣いただくため、基本的には登閣希望者に1人1枚ずつ配付します。なお、旅行会社発行のクーポン(原本)や旅行会社の代表印のある証明書(任意様式・原本)などをお示しいただきましたら、 確認印を押印の上、人数分の整理券を代表者等にお渡しいたします。ただし、これは個人の来城者より優先的に早く入城できるものではありません。なお、代表者等は、入城されるまでに登閣希望者全員に整理券を配り終えてください。

Q15.その際、代表者(添乗員)一人が全員の整理券を持って、入城待ち列に並んでいれば列の途中でも他の参加者は合流できますか?

A15. 列に並んでいる方との公平性を期すため、入城される方全員が揃ってから、入城待ち列の最後尾にお並びください。

Q16.1ツアーの中で「大天守の見学を希望する人」と「希望しない人」がいる場合はどのように並ぶのですか?

A16. 整理券を取得してから入城手続きをしていただく手順ですので、入城まではツアー団体単位で行動していただきますようお願いします。

Q17.姫路城(大天守)の予約制度はありますか?

A17. すでに閉館しましたが、予約制を採用していた姫路城大天守修理見学施設「天空の白鷺」の運営実績に基づき、予約時間どおりに来城される方の状況などを分析した結果、来城者が様々な交通手段で来られるため定時制の確保が困難であり、予定どおりに来られた方にも影響が及んだことから、今回、予約制度は採用しておりません。限られた時間で多くの方に確実に大天守に入っていただくため、ご理解をお願いいたします。

Q18.整理券を持っていましたが、あまりの混雑に大天守の入城をあきらめました。整理券を後日使ってもいいですか。

A18. 整理券は当日限りのみ有効ですので、ご了承ください。

Q19.整理券の受け取りを断って入城したのですが、やっぱり大天守へ登閣したくなったのですが。

A19. 再入城の手続きをして、整理券配付待ち列の最後尾にお並びいただくことになります。

Q20.平成28年度の整理券配付の実施期間は?

A20. 平成28年度の実施予定
【大天守登閣整理券発行計画】
実施予定期間 混雑原因

28年度  
H29.1.1      元旦(入城無料)
29年度
H29.4.1~2, 8~9  桜・春の行楽シーズン
H29.5.4~6   春の行楽シーズン

Q21.大天守に入らなければ、入城料は割引されますか?

A21. 大天守登閣の有無による、入城料の割引はありません。

Q22.入城券の前売りはありますか?

A22. 入城券の前売りは行っていません。入城口での当日販売のみです。

Q23.ペットと一緒に入城できますか?

A23. ケージなどに入れて、ペットの全身が隠れる状態であれば持ち込むことができます。
カート・バギー等での持ち込みはできません。必ずケージ等を持ち運んでいただきます。
小型犬用のケージはいくつかご用意しておりますので、姫路城管理事務所にお申し出ください。(利用無料、予約不可)
また、グランドオープン後、非常に混雑し数時間待ちの場合も予想されることから、動物にとって非常に大きなストレスになり、健康を害する恐れがありますのでご注意ください。

Q24.盲導犬と一緒に入城・登閣できますか?

A24. 入城はできますが、登閣については過去に大天守の階段から降りられなくなった事例があります。大天守の階段は急勾配のため、盲導犬の大きさなども考慮して慎重にご判断ください。

Q25.車いすで入城・登閣はできますか?

A25. 姫路城は、坂と階段が多く、建物内は手摺はあるものの非常に急で狭い階段になっています。そのため、姫路城内では、残念ながら車いす利用者の単独での見学はできません。
しかし、熟練した介助者が2~3人で介助される場合、入城口から天守群付近まで見学していただくことができます。(介助者が1人では危険です。)
※介助者は3名まで入城無料です。
※介助スタッフはおりません。

Q26.姫路城の近くに大型バイクの駐車場はありますか?

A26. 平成27年8月1日に大型バイクの駐車場が「大手前公園地下駐車場内」にオープンしました。
収容台数は48台で、料金は1日1回500円/台です。営業時間は7:00~23:00となっていますので、ぜひご利用ください。
なお、小型バイク(125cc以下)・原動機付自転車(50cc以下)は、中央地下駐輪場・大手前地下駐輪場・駅西地下駐輪場をご利用ください。
お問い合わせ先:駐車場管理センター TEL079-281-8338

Q27.そのほか入城に際して注意することはありますか?

A27.  (1)荒天等により予告なく閉城する場合があります。
(2)姫路城は禁煙です。所定の喫煙所をご利用ください。
(3)城内にゴミ箱はありません。
(4)建物内では一脚、三脚、自撮り棒等を使用した撮影は禁止です。建物外も混雑状況等により禁止する場合があります。
(5)城内でベビーカー、シルバーカーは原則使用できません。入城の際に所定の場所に置いていただきます。また、キャスター付のバッグ等はコインロッカー(有料)にお預けください。
(6)城内は飲食禁止ですが、ペットボトル、蓋付の水筒のみ持ち込みできます。酒類、お弁当、ビン・カンの飲み物、ガム、飴、アイスクリーム等の持ち込みは固くお断りします。
(7)他のお客様の迷惑となるおそれがある場合、また姫路城からのお願いに対しご協力いただけなかった場合は、入城をお断りしたり、退城していただくことがあります。
(8)姫路城に救護室はありません。体調のすぐれない方は入城をお断りする場合があります。
(9)お客様の不注意による事故については、姫路市及び委託業者等は責任を負いかねます。
(10)文化財の保護、お客様の安全面からスタッフがお声がけすることがあります。

Q28.見学が制限されている区域はありますか?

A28. 来城者の安全確保のため、一部で見学を規制している区域があります。
姫路城では整備基本計画に基づき計画的に現存建造物の保存修理を行っており、現在見学を制限している区域は大天守北側及び東側、搦手口改札からの登閣ルート、帯郭櫓(腹切丸)周辺です。【詳しくはこちら
なお、帯郭櫓につきましては、平成28年度中の公開再開を予定しています。

このページのトップへ